■translate this blog into

■プロフィール

しおチャン

Author:しおチャン
還暦、リタイアで子供にかえって60年代ヒコーキプラモを作っています。
信州飯田のなかば田舎、半分街中のどっちつかずの田舎暮らしを楽しんでいます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

イグノーベル賞って、絶句!。「人間をお休みしてヤギになってみた結果」


珍妙としか言えない方がいたもんです。
著者は人間の進化を元に戻して、四足歩行と草を消化すること、脳内のスイッチを
切ってヤギの視点を体験してみたいというのです。
そんなプロジェクトに資金を出す機関もあるってことに、まず驚きますね。

そのためにはまず、シャーマンにあって魂を・・・・ってほんとにやってます(笑)。
四足歩行の骨格作成に障碍者の補装具の専門家や生物学の最先端研究に触れ、
草を消化するためにヤギの胃液を飲むことについての意見を聞き(即NG!)、
解剖学教室でヤギの解剖実験に立ち会い、メスの使い方を教わって自分でやって
みたり。

そしてスイスに行って、ヤギの群れの中に入って草をはみながら、めでたくアルプスの
山越えを体験するというお話。
この過程を科学論文風?にまとめて、なんとイグノーベル賞受賞。

奇妙な研究でも,その過程で最先端の考察がいろいろでてくるもんです。
なにしろヤギの視点になることを目指した研究者はほかにいないから。
なかでも私が気になったのは、人間の家畜化という視点。

一般に家畜は、野生種に比べて角や歯が小さくなり脳が委縮する。
攻撃性や凶暴性の少ない種に淘汰されて、体格が貧弱になり、顔がのっぺりして
耳が垂れる(ハハ、たれ耳!)。

人間もまた,社会生活の中で家畜化と同様の変化をしてきたのではないだろうか。

「トラブルメーカーは排除」され、「体は細身になり、顔は平らになり、脳は委縮し、
行動は幼稚になったことから、僕ら人間は成長してからも好奇心を持ち、新しい
ことを学び、込み合った地下鉄でも他人の行動に対して寛容になれるのだ。」

小さな脳は「自己家畜化」のためかどうかはともかく、社会が進んで行くに従って、
個人の能力に依存することが少なくなるとすると、人間の知力の意味ってどういう
ことになっていくんだろうか。

イグノーベル賞といえども,こんな風にグイグイ攻めていかないと受賞できないもん
なんですね。
この著者は以前も、トースターを部品からじゃなくて、原材料を入手する!ところから作る
プロジェクトで受賞しているそうです。

スポンサーサイト
こんな本を読んでみた | 12:43:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
ガソリンスタンドのB17爆撃機
texaco b17

ガソリンスタンドの上に乗っかるボーイングB17G爆撃機です。
新装開店セールといったところでしょう。
まわりの車からみて、1960年前後かな。
ザ、ボマーなんて大きな看板をつけております。

texaco b17 1

華々しく飾り立てていますねー。
階段を付けて胴体内を見学できるようにしてあります。
主翼の下にもたくさん蛍光灯を取り付けて翼の下で給油ができるんですね。
機体のシリアルは485790です。

texaco b17 2

こんなガソリンスタンドがあったら遠くても給油に行ってみたい。
こんな風に記念写真を撮ったりしてね。
テキサコのマークはハセモノのトライモーターかウィリアムズのガンマのデカール
から転用できますから、こんなジオラマを作るのも楽しそうです。

「ヒコーキ?」な話 | 08:25:21 | トラックバック(0) | コメント(4)
何となく手が出ないキットでもこの塗装なら、ニューポール28
neuiport28reve
1960年代にレベル社から発売された複葉機シリーズの一つに、このニューポール28戦闘機
がありました。
当時「ブルーマックス」なんかの第一次大戦機の映画があって、フォッカーだのキャメルだの
の名前は知ってましたが、ニューポール28?、そんなの出てこなかったよなあ。

なじみがないうえに、細っちい機体に地味な迷彩塗装では、正直言って作って楽しいキットじゃ
ありませんでした。
今でももう一度作りたいなあという気にはならないものです。
でも、こんな塗装なら?

neuiport28

nueiport28
これはアメリカのNUCOAというマーガリン会社の宣伝に使われた機体です。
上下の翼と胴体両側に会社名NUCOAを大きく書いて、あちこちの催物会場の上空を
飛び回りました。
広告宣伝機ですね。

機体はマーガリンの箱と同じ二色で塗り分けられていました。
当時のマーガリンの広告を見ると色が分かります。
こんな塗装なら作る意欲がどんどん湧いてきそうです。

ma-galin


「ヒコーキ?」な話 | 11:16:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
米軍が使った複座ハリケーンを調べると、いろいろ出てきます
twoseaterhu
上は米軍が使った複座のハリケーンです。
1943年のイタリアのサルジニアの基地での写真で、まだ英軍マークのままです。
このあと国籍マークとシリアルをオリーブドラブで塗りつぶして米軍マークを記入、
シリアルも米軍タイプにならって黄色で垂直尾翼に記入されました。

調べていくと、350thFGの三つの飛行隊が連絡用に複座のハリケーンを使っていました。
345thFSがシリアルKX857の機体、346thが写真のLB640の機体
347thがLB595・LB597・LB560。

みな英軍から譲ってもらった用廃機のハリケーンだったようです。
これらの飛行隊の装備機がエンジンがミッドシップのP39エアコブラだったため
後席を設けることが出来なかったという事情があったようです。

twoseaterhu 2
このシャークマウスの機体は、以前私がアオシマのキットでつくったシリアルBP654です。
上と違って、熱帯用フィルターを付けたTropタイプです。
これもおなじ350thFGの複座ハリケーンなんですが、どの飛行隊なのかがわかりません。
調べたもの以外にもっとたくさんあったということかもしれません。

twoseaterhu 1
ちなみに、風防はこんな風に開いたようです。
ヘッドレストは後席だけ。
手間をかけた手作り現地改造品、自慢の出来だぜという表情をしていますね。


「ヒコーキ?」な話 | 09:00:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
せっかく福寿草が見ごろになったというのに、また雪にうもれました
昨夜からまた雪が降りだして、またそとは真っ白に積もっています。
1月中旬から咲きだして、ようやく見ごろになった庭の福寿草も
雪に埋もれてしまいました。
それでも凍ることもなくまた出てくるんだから、丈夫なものですね。
花が終わると葉っぱだけになって、夏になる前に消えていきます。
fukujuso

先日、北海道産のコマイを焼いてお酒のアテにしました。
マヨネーズと七味をちょっとつけて、これは美味しいですね。
コマイはタラの一種で名前はアイヌ語。
北海道ではコンビニでも売ってるお酒の肴なんだって。
こんなにおいしいものをいつでも食べられるなんて、うらやましいなあ。

お酒は飯田の地酒、喜久水酒造の猿倉の泉。
辛口でこれも良く合いました。
komai


信州飯田の田舎暮らし | 11:04:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ