■プロフィール

しおチャン

Author:しおチャン
還暦、リタイアで子供にかえって60年代ヒコーキプラモを作っています。
信州飯田のなかば田舎、半分街中のどっちつかずの田舎暮らしを楽しんでいます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

レモンバーベナの葉っぱを収穫しました。
ba-bena

畑のレモンバーベナの株が大きくなって、そこいらじゅうに枝を広げてきましたので
今日、枝を切って小さくしました。

畑に入れて、もう3年くらい。
冬越しできないかもと心配になるほどヒョロヒョロした枝でしたが、土をかぶせるくらいで
越冬してくれましたので、ここまで大きくなりました。
真冬以外は一年中、甘いいい香りをもらいました。

丈夫なのはわかりましたので、もう思いっきり枝をばんばん刈りました。
たくさん葉をつけていましたので、若い葉をかごに集めて保存することにしたのです。
採り切れないので、かご一杯分だけ。
乾燥させておいておくだけで、あたりにいい香りをふりまいてくれます。
こういういい香りの作業は苦になりませんね。

remonnba-benano花

ついでにレモンバーベナの小さな花です。
もっとおおきくて派手なお花だったら申し分ないのですが、小さなお花はこれはこれで
いいのではないかと思います。


スポンサーサイト
未分類 | 15:43:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
2~3日おやすみします。
すみませんが、都合でブログを2~3日おやすみします。
再開したらまたよろしくお願いいたします。

未分類 | 06:57:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
庭の花たち、シュウメイギク・むくげ
シュウメイギク

日本海の台風は、今頃が一番飯田に近い位置を通過中だと思いますが、
さいわい雨・風ともにそれほど激しくはありません。
この秋は天候が悪く、刈り取った稲がいつまでも乾かずに脱穀ができないと
農家が嘆いています。
地元の新米が手に入るのは、まだ先になりそうです。

いまシュウメイギクがとてもきれいです。
ゆっくり眺めていたいのだけれど、毎日あたふたするばかりで残念な暮らしです。

mukuge

むくげの花もきれいですね。
いろんなむくげの花があるけれど、この白地に赤の花が一番好きです。

未分類 | 22:17:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
甘さは今が旬、飯田の「いなっこトマト」。
いなっこトマト

飯田市上郷の農家がつくった水耕栽培のトマトです。
ここの農家のトマトはとても甘くておいしいのです。
「いなっこトマト」の商標で売っています。

冬の今頃なら糖度10~11、夏でも7~8もあります。
もともとの品種は大玉トマトの「桃太郎」なんですが、これを
小ぶりに栽培することで味を濃くする技術を開発して誕生しました。
さらに、井戸を掘って伊那谷の地下水で水耕栽培をしています。

一口食べて、普通のトマトとは別物だとわかります。
香りもよくて深い味わいのあるトマトでした。

独特の製品を生み出す農家が出てくるのは頼もしいですね。

ついでに美味しいトマトの選び方。

大きさの割に重みが感じられること。
色が鮮やかなこと
トマトのそこに放射状に延びるスターラインがでていること。

今度スーパーに行ったらそういうトマトを探してください。

未分類 | 19:40:53 | トラックバック(0) | コメント(2)
終戦の日に
もう30年くらい前のこと。
仕事で、あるお年寄りのご夫婦のお宅を訪ねて、
たまたま戦争中のことが話題になりました。

ご主人が席をはずしたときに奥さんがぽつりと
いいました。
終戦で戦地から復員したご主人は、眼をぎらぎらと
させてケモノのような恐ろしい様子だった。
こわくて一週間くらいそばに近寄れなかった。

温厚な方で、幸せそうなご夫婦でしたので、その
話に戦地の過酷さを思いました。

奥さんは、復員したらあれこれ労わってあげなければ
と思いながら、ご主人にそんな気持ちを抱いたことに
何十年も心の負い目を感じてきたのでしょう。

この日になると、そんなことを思い出します。

未分類 | 07:38:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ