■プロフィール

しおチャン

Author:しおチャン
還暦、リタイアで子供にかえって60年代ヒコーキプラモを作っています。
信州飯田のなかば田舎、半分街中のどっちつかずの田舎暮らしを楽しんでいます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

マイルズ・マジスターMk1 ノボ 1/72
まじすた

マイルズ・マジスターMk1のキットは旧フロッグ社の遺産です。
1960年代からあった古い製品。
よくもこんなマイナーな機体を出したものだと感心してしまいます。
このころの日本のメーカーのキットといえばゼロ戦・隼ばっかりの時代でしたから。

majisuta

mairuzu

この塗装は、1938年のイギリス空軍中央飛行学校のアクロバティックチームのものです。
こんな小さな機体には、赤白黄色の派手はでマーキングが似合いますね。
戦後に民間に払い下げられた機体の中には、イギリス国内のエアレースなどに
参加したものもあって、いろんな塗装が楽しめます。




スポンサーサイト
イギリス機 | 18:00:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホーカー・シーホーク  ノボ  1/72
シーホーク

ホーカー・シーホークは1947年初飛行の英国艦上戦闘機。
このあとのホーカー・ハンターは戦後の英国ジェット機を代表する美しい飛行機と、
言われましたが、私的にはこちらのほうが男前と思っています。

ノボ社のシーホークはもちろんフロッグ社の1950年代の金型品。
このころのキットのお定まり、操縦席も脚収容部もない、かなりきびしいできです。
でも私の好きな飛行機、主翼のヒケもなんのその、全然苦になりません(笑)。

ho-ka-sea

奥はエアフィックス社のシーホーク。前に作ったものです。
これも1959年の発売キットですが、こちらはいくらかましな出来でした。

フロッグのキットは初期のF1型ですが、エアフィックスの残り部品とデカルを
使って垂直尾翼の高いMk101型にしました。
ドイツ海軍の塗装がなかなかいい感じ。

ホーカーシーホーク

やっぱり、このころの英国機は好きですね。
まだまだ手掛けるべき機体がたくさんあります。

イギリス機 | 19:47:10 | トラックバック(0) | コメント(2)
スーパーマリン・アタッカー   ノボ  1/72
アタッカー

イギリス海軍初のジェット戦闘機です。
長い開発期間中に旧式化したうえ、めずらしい尾輪式で、ジェット噴流で空母の飛行甲板が
傷むため、あまり長くは使われずにシーホークに交代しています。

スーパーマリンアタッカー

ロシアのノボ社のこ゚のキットは1977年の発売、もちろん元はフロッグ社から1956年に
発売された金型品です。
部品点数は20点たらずのあっさりしたもの。
操縦席には穴がなく、翼には脚の収容部もない50年代プラモの標準的な出来ですが
基本形は悪くありません。

胴体下面に大きな増槽をつけて(フジミ1/48のBf110から転用)、離陸補助ロケットを追加
しました。こういう工作が楽しいですね。
本日ようやく完成です。

attacker


イギリス機 | 19:17:12 | トラックバック(0) | コメント(4)
ジェネラルエアクラフト GAL48 ホットスパー   ノボ 1/72
ホットスパー

イギリスの木製グライダーのホットスパーです。

乗員2名、兵士7~8人を乗せる侵攻用グライダーとして開発されました。
1000機以上作られましたが、機体が小さすぎるとしてほとんどが訓練用
となって、実戦に使われたものはありませんでした。

グライダー

ジェネラル

ロシアのノボ社から出ていましたが、もちろん昔のフロッグ社の金型品、たぶん1950年代の
古いキットです。
外形も部品の合いも悪くないできです。
新たに発売される見込みはなさそうな機種ですので、トライしてみるのもいいかと思います。

不鮮明な写真を参考にしたので、記号がGなのか、色も赤なのか定かではありませんが
部隊カラーとシリアルBT739は確かです。

イギリス機 | 13:06:35 | トラックバック(0) | コメント(2)
デハビラント モスキートMk35  マッチボックス 1/72
モッシー

マッチボックス社の後期型モスキートは爆撃機型Mk16と夜間戦闘機型Mk30の
コンパーチブルキットです。1980年代なかばくらいの発売でしょうか。
絶版キットの割にはまだ中古品が安く手に入ります。
つまり人気のないキット(笑)。
でもこの会社の製品にしては組みやすかったですよ。

スパルタン

戦後のカナダの民間測量会社で、モスキートを運用したスパルタンエアの塗装にしました。
1950年代半ばから60年代初めにかけて10機のモスキートMk35を運用して、
カナダ国内の地図や資源開発のための航空写真を撮り続けました。

胴体のスパルタンエアのロゴを手書きで入れたかったのです。
なかなかうまくいきません。
もう少し字体がはじけた感じなんですよねー。
spartan air services ltd.

suparutannair


スパルタンエアではモスキートのほかにP38ライトニング、ランカスター、アンソン、DC-3、
ベンチュラなどたくさんの第二次世界大戦機を運用していました。
訓練用につかった改造複座のP38があるのでいつか作ってみたいと思ってます。

イギリス機 | 19:04:05 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

まとめ