■プロフィール

しおチャン

Author:しおチャン
還暦、リタイアで子供にかえって60年代ヒコーキプラモを作っています。
信州飯田のなかば田舎、半分街中のどっちつかずの田舎暮らしを楽しんでいます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スーパーマリン・ウォーラス  SMER 1/50
smerスーパーマリン

スーパーマリン・ウォーラスは第二次世界大戦のイギリスの水上機。
艦隊の弾着観測、哨戒偵察、連絡、海難救助などオールマイティの
多用途機として大活躍しました。
背中にエンジンをしょっているため前方視界が広く、英国の戦いでは
英仏海峡に墜落した敵味方の乗員の救助にあたったことで英国では
人気があります。

smerウォーラス

チェコのSMER社から販売されているこのキットは、1970年前後にはイタリアの
アルテプラスト社から販売されていたものです。だからスケールは1/50。
作ってみるとわりと部品の合いもよくて、しっかりと組めるキットでした。
複葉機は張り線に凝ると見栄えがしますが、翼の間隔が大きいので意外と
張り線作業が楽でした。

スーパーマリン

今回作るに当たって何十枚と写真を見てみましたが、翼のウォークウェイの足跡は
書いてある機体、書いてない機体、足跡を間引きして記入している機体などさまざま
のようです。特に上翼は省略した機体のほうが多いのかもしれません。
でもいっぱい書いてあったほうがウォーラスらしくて楽しいと思うんです。

スポンサーサイト
イギリス機 | 17:43:45 | トラックバック(0) | コメント(4)
ハンドレページHP42旅客機  エアフィックス 1/144
ハンドレ

ハンドレパージHP42旅客機は1930年代のイギリスの旅客機です。
ロンドンーパリ間のほか、カイロやケープタウンなど大英帝国の植民地
を結びました。
巡航速度150kmくらいでのゆっくりとした空の旅。機内サービスの料理
の豪華さも評判でした。

handore

エアフィックスが1965年に発売したキットは当時から名作の誉れ高いもの。
まさにプラモ遺産のひとつ、今回作ることが出来てうれしいです。
とはいえ、複葉の支柱が多くて上翼と下翼の組み立てには大変苦労しました。
デカルも黄色くなっていて使用不可なため、手書きと余剰デカルなどでしのぎました。
大英帝国の香りを伝える、しっかりとしたできのいいキットでした。

handorepe

絶版になってから久しいためかこのキットは中古サイトで4000円くらいしています。
幸運にも、わたしは1500円くらいで入手できたので、作ることが出来ました。
この時期の数少ない旅客機キットですので、再販してもらいたいものです。

イギリス機 | 13:41:27 | トラックバック(0) | コメント(4)
複座ハリケーン  アオシマ 1/72 改造
複座ハリケーン

複座のハリケーンです。
この機体は1943年にイタリアのサルディニアに侵攻した米軍
第350戦闘機大隊が連絡用に使っていたものです。
海外のサイトで見つけた写真をもとに作りました。
BP654のシリアルが米軍式に垂直尾翼に記入されているのが
面白いですね。後席の風防がどう開くのか想像をかきたてます。

harike-n

アオシマのこのキットは1969年の発売品。
レベル社などの先行キットから大きな影響を受けているように感じます。
アウトラインはかなりいいんですが、外板表現はまだまだです。
同社の60年代キットから脱却しはじめたころ。
現在のアオシマに至るプラモ発達史の中で重要なポイントに位置するキットです。

ハリケーン複座

ハリケーンの複座型はロシアや中東で使われたものが知られていますが、
それ以外ではほとんど資料がありません。
じつは数年前イギリスマーキングの複座ハリケーンの写真がいくつもあるサイトを
見つけて今回それを作ろうとしたのですが、すでにサイトが閉鎖されていました。
残念、印刷しておけばよかったー。
待てばそのうちまた出てくるでしょうけど。


イギリス機 | 08:58:10 | トラックバック(0) | コメント(4)
ホーカーシーフューリー ノボ  1/72


ムスタングとともに朝鮮戦争で使われた最後のレシプロ戦闘機のひとつ、
イギリスのホーカー・シーフューリーです。
今もエアレースで飛んでますね。

この緑の機体は1972年のリノで飛んだ、L・A・ハミルトンの機体です。
どちらかというとエアレーサーで緑色は珍しいほうです。
この色はこ゚の年だけ、翌年には海軍機色に塗り直して参加していました。
昔の「航空ファン」にカラー写真が掲載されていて、おっこれいい塗装だね
ということで作ってみました。


しーひゅーりー


シーヒューリー

もとは昔々のフロッグ社の製品。
多分1963年ころの発売ではなかったかと思います。
古いけれど形はかなり正確で、シーヒューリーの獰猛そうな雰囲気がよく
再現されている私の好きなキットです。

イギリス機 | 11:52:58 | トラックバック(0) | コメント(2)
マイルズ・マジスターMk1 ノボ 1/72
まじすた

マイルズ・マジスターMk1のキットは旧フロッグ社の遺産です。
1960年代からあった古い製品。
よくもこんなマイナーな機体を出したものだと感心してしまいます。
このころの日本のメーカーのキットといえばゼロ戦・隼ばっかりの時代でしたから。

majisuta

mairuzu

この塗装は、1938年のイギリス空軍中央飛行学校のアクロバティックチームのものです。
こんな小さな機体には、赤白黄色の派手はでマーキングが似合いますね。
戦後に民間に払い下げられた機体の中には、イギリス国内のエアレースなどに
参加したものもあって、いろんな塗装が楽しめます。




イギリス機 | 18:00:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ