■translate this blog into

■プロフィール

しおチャン

Author:しおチャン
還暦、リタイアで子供にかえって60年代ヒコーキプラモを作っています。
信州飯田のなかば田舎、半分街中のどっちつかずの田舎暮らしを楽しんでいます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Messerschmitt Bf109F  エアフィックス 1/48
airbf109f48

1979年発売のエアフィックスのメッサーシュミットBF109F 1/48スケール品です。
当時名品と言われただけあって組んでいてとても楽しいキットでした。
部品点数はわずか56部品、プロペラも一枚ずつモールドされていますが、これが
組むとしっかり角度が固定されるのが見事でした。
ただし主脚の固定角度は今一つ定まらないのが残念。

aiebf109f48bf

塗装は1943年にスペインに売却された14機の一機、6-132。
配備されてすぐのころの塗装です。
BF109Fとしてはちょっと感じが変わって面白い塗装です。
14機のシリアルは6-132~145。
塗装パターンは各機なんとなく似てる?程度のようで、推定で塗りました。
写真では細かい注意書きはほとんど塗りつぶされているみたいに見えます。
スペインってやっぱりおおらか(笑)。

bf109f48air

1/72程度のあっさりした部品分割ですが、組むと実機の感じがよく出てくるという
エアフィックスの魔法が味わえる良いキットでした。

スポンサーサイト
ドイツ機 | 10:38:15 | トラックバック(0) | コメント(4)
メッサーシュミット Me109E モノグラム 1/48
bf109emono

モノグラム社のメッサーシュミットMe109Eのキットが発売されたのは
1962年のことです。以来、長い間プラモ史に残る傑作キットと言われて
きました。
私はもっぱら日本のコピーキットで親しんできましたが、いくつ作っても
作るたびごとに新たな味わいを感じます。

mono109

黒にオリーブグリーンのこの機体はハンガリー空軍のスペシャルマーキング。
Lt、Otto・P・Csokaの乗機と言われます。昔々のエアロガイドに載ってました。
黒とグリーンの塗り分けに赤文字の配色がMe109Eによく合っています。

monobf109

1965年のプラモガイドを見たら、モノグラムのMe109Eが600円、マルサンの
コピー品なら200円。
コピーの出来もそんなに悪くなかったから、値段が1/3ならコピー品を選びますよねー。

何にも考えずにすらすら組めて、ピッタリ似合う塗装がいくつも見つかる
こういうキットが私にとってはベストキットなんですよ。

ドイツ機 | 18:07:20 | トラックバック(0) | コメント(2)
Heinkel ハインケルHe115水上哨戒爆撃機  レベル(ex フロッグ) 1/72
macthi he115c

暑い夏にすこし涼し気な水上機を。
冬の北海の凍てつく海を飛んだハインケルHe115水上哨戒機です。
双発のフロート式の飛行機は日本にはありませんでしたね。

he115 1976

ハインケルHe115はドイツの哨戒/爆撃/雷撃機です。
ドイツは陸軍国ですので海上戦闘用の航空部隊は貧弱でした。
これも生産機数は269機と少数でしたが、この種の飛行機としては
成功作と言っていい実績を上げました。
作例は1943年にノルウェーを基地として、米英のソ連向けの輸送船団を襲った
機体です。

he115macthi

レベル社のこのキットは、もとはフロッグ社倒産前の最終生産期の金型品です。
形式はハインケルHe115C型。
レベル社からは1977年ころの発売?。
この前年にマッチボックス社からHe115のB型が発売されています。
これもマッチボックス社の撤退後にレベル社から再販されました。
レベル社からフロッグ系統のキットとマッチボックス系統のキットが発売されたので、
とっても混同しやすくなっちゃいました。

マッチボックス系統のほうは未見でわかりませんが、フロッグのほうは組みにくいです。
特にフロートの支柱はガタガタで相当手を入れないと形になりませんでした。
マッチボックス系統のキットのほうを買ったほうがよさそうです。
でも両方ともレベル社からの発売なので外箱から区別できるのかなあ。
ノルウェーのマーキングが入っていればB型なのでマッチボックス系統の
キットに間違いないです。

ドイツ機 | 19:22:55 | トラックバック(0) | コメント(2)
DFS230グライダー RMM 1/100改造 ミステル実験機
dfsグライダー

飛行爆弾ミステルの開発のためにDFS230グライダーにBf109を乗せた機体です。
Bf109戦闘機の動力で離陸して飛行データを集めました。
DFS230の胴体の下の黒いものはカウンターウェイトでしょうか。
ミステルの開発以外に、DFS230グライダーを単発機で運んで、小規模な侵攻作戦に
使いたいという意図もあったような。

dfsミステル

Bf109は1/100スケールのキットがなくて、童友社の飛燕から改造しました。
飛燕改造Bf109は昔から一度やってみたかったー(笑)。
いろいろ削り込んでみたけれど、やっぱりどこか飛燕のラインが残ってしまいますね。

ミステル

RMM社は昔の西ドイツのメーカーです。かっちりとしたとてもいい出来のキットでした。
このDFS230グライダーがいつごろの発売かわかりませんが、このキットが旧ファーレル社の
流れを汲んでいるのかどうか。
でも童友社の飛燕は旧マルサン社の遺産。
だからこれもオールドキットということで。

ドイツ機 | 14:01:57 | トラックバック(0) | コメント(4)
フォッカーDr-1  エアフィックス  1/72
dr1

機関車トーマスみたいな顔を描いたこの機体は、フォッカーDr-1戦闘機。
第一次大戦のドイツ軍がイギリスのトリプレーンの活躍に刺激されてつくったもの。
競合各社から14種類の三葉機が提出され、その中から採用になりました。

斬新なのは翼間の張り線なし、試作機には支柱すらなかったことです。
運動性と上昇力にすぐれた格闘戦第一の飛行機でした。
すでに限界が見えてきたアルバトロスに代わって活躍しました。

DR-1

fokker dr1

塗装はドイツの撃墜王、ヴェルナー・フォスの乗機。
48機の撃墜記録をもって戦死したとき、まだやっと20歳の若者でした。

エアフィックスのキットはとても古いもの、1950年代?。
1970年ころに金型に手が入れられて、いい形になりました。
これはそのころのものです。
かっちりと組めてとてもいいキット。

ドイツ機 | 22:01:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ