■プロフィール

しおチャン

Author:しおチャン
還暦、リタイアで子供にかえって60年代ヒコーキプラモを作っています。
信州飯田のなかば田舎、半分街中のどっちつかずの田舎暮らしを楽しんでいます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

西荻窪を去る日が近づいてきました
予定よりも少し早いけれど、西荻窪を引き払って飯田に戻ることにしました。
面白そうな店はほとんど回ったくらい、毎日かみさんと散歩しました。
二か月半親しんだ、楽しい街並みとももうすぐお別れです。
飯田に戻ったらまたプラモ三昧の日を送りたいですね。

あそび

先日の土曜日、孫たちと公園で遊びました。
カミキリムシ3匹とカマキリ1匹の大収穫!
大喜びです。

むし

あとで草むらに放して、バイバーイしました。

スポンサーサイト
信州飯田の田舎暮らし | 06:08:17 | トラックバック(0) | コメント(4)
模型屋さんの老舗、荻窪のキヤホビーに行ってきました
先日、プラモの老舗の生き残りのひとつ、荻窪のキヤホビーに行ってきました。
駅そばの雑居ビル6階の狭いお店。
一階のかどにある小さなショーウィンドを見逃すと、絶対に行きつけないようなとこです。

かつての老舗もこんなとこに押し込められちゃって、、、と、
ちょっと悲しい。
ジオラマ(ダイオラマなんていってましたなあ)が流行りだしたころなんかに
名をはせたお店だったんですが。
飛行機関係ではそれほどでも、なので、安売りの資料を漁ってきました。

betonamu

スコードロンシリーズの南ベトナム空軍が500円でしたので即ゲット。
「今、資料本って売れないんだよねー、ネットで見れば充分だからねー。」と、ご主人。

いえいえ、ネットの記事などあてになりませんぞ。
こういうのを、ちゃんと読まなくちゃ。

南ベトナム空軍は、1945年から1975年までのはかない存在。
歴史のかなたに消えてしまった空軍はたくさんあります。
プラモを手掛けると歴史の良いお勉強になりますね。

信州飯田の田舎暮らし | 07:01:10 | トラックバック(0) | コメント(4)
ガラクタ市とお豆腐
阿佐ヶ谷ガラクタ

先日、阿佐ヶ谷のガラクタ市に行ってきました。
駅から2分くらいの阿佐ヶ谷神明宮の境内で、
毎月第一土曜に開いているそうです。
私が行ったときはまだ30軒も出ていなくて
あんまり掘り出し物は無くて残念でした。

出ていたのは生活雑貨というより、こまごまとした文字通りがらくた(笑)。
欲しかったのは80年代くらいのジャンク品だったんですが。
もうちょっと古くてきれいでないものばかり、でした。

神明宮にお参りして、そそくさと帰ってきてしまいましたが
午後まで粘れば、もう少し出店があったのかも。

toufurarugo


今日、青梅街道を歩いていたらお豆腐屋さんがありました。
「とうふ屋らるご」の黒ごま絹之助です。
このままで夕食にいただきました。
おいしかった。
このお店は特定非営利活動法人ラルゴという名前があるんですね。
福祉関係のNPOなんでしょうか。
さすが東京、いろんなもんがあります。

信州飯田の田舎暮らし | 20:13:07 | トラックバック(0) | コメント(4)
西荻窪の石碑、中島飛行機
西荻窪の駅から北に1kmくらいの青梅街道沿いに、
中島飛行機発動機工場跡の石碑があります。

中島

中島知久平が群馬県に興した中島飛行機が初の東京進出をしたのが
このエンジン工場です。
広大な工場で終戦まで96艦戦・97戦・零戦などのエンジンを生産していました。

ここからさらに北に行くと日本最大の飛行機工場だった中島飛行機武蔵野工場が
ありました。
いまはもう当時の遺構は何も残っていなくて、おおきなマンションが立ち並んでいます。

この石碑のとなりにはロケット発祥の地の石碑。

roketto

戦後中島飛行機の後身、富士精密工業と東大とが共同開発した
ペンシルロケットが製造された場所です。
石碑には当時のペンシルロケットがはめ込まれています。
こんな小さなものから始まったんですね。

石碑以外になんにもないのが残念でしたー。



信州飯田の田舎暮らし | 07:16:49 | トラックバック(0) | コメント(4)
田舎人が見た西荻窪のくらし
西荻窪の住宅街を歩いていると、見事な庭にたくさん出合います。
おかげさまで今年はきれいなバラをたくさん見ることが出来ました。

ばらの庭

庭の大小にかかわらず、とても手入れがいきとどいていて、
維持する住人の気持ちが伝わってきます。

都会に暮らして初めて気づく田舎にはないものふたつ。

ひとつはレジ待ちの長蛇の列。
コンビニも食品売り場も忙しい時間帯は数十人も並びます。
杉並じゃなくて人並ですねー。
わたしは並ぶのがなじめなくて、買うのを辞めちゃいます。

ふたつめは歩道をはしる自転車の多いこと。
のんびり散歩も油断ができません。
なかに子供を乗せたママチャリも。
ああ保育園の待機児童かあーなんて思います。

杉並区でも900人くらい受け入れを増員したいというけど、いつになるか。
それができてもまだ足りないんだとか。
「保育園落ちたの私だ!」とお母さんたちが行動を起こしたけれど、
定員増対策が間に合わなくて小学生になっちゃう。
世の中なかなか報われなくて、気の毒です。

信州飯田の田舎暮らし | 16:15:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ