■プロフィール

しおチャン

Author:しおチャン
還暦、リタイアで子供にかえって60年代ヒコーキプラモを作っています。
信州飯田のなかば田舎、半分街中のどっちつかずの田舎暮らしを楽しんでいます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

サボイアマルケッティSM79  スマー 1/48
サボイアマルケッティSM79

チェコのスマー社のサボイアマルケッティSM79爆撃機は、もとは
昔々のイタリア アルティプラスト社の1960年代の金型品です。
正確には1/50スケールになります。
翼幅50センチ近くのおおきさは完成するといい感じです。

金型がかなり傷んでいますし、もともとアルティプラスト社のキットはだいたい
合いが悪いので組むのは大変でした。
とくに両側のエンジンナセルはまるで翼とあいません。
かなりの補強とすきまのパテ盛りが必要で、ここがこのキットの一番キビシイ
ところ。
ここをクリアすれば、なんとかなります。
工作を楽しめるよいキットでしたー(笑)。

sm79爆撃機

sm79

キットにはイタリア空軍とスペイン内戦時・ユーゴスラビアのマーキングが用意されています。
スペイン内戦時のマークが魅力的。
古いキットでデカルはパリパリ状態のため、デカルリペアとマークセッターが
必要でした。

SM79というと、エアフィックスの1/72キットでこういうものというイメージを持って
しまっているなあと今回作ってみておもいました。
実機の写真を沢山眺めてみたんですが、一機一機の細部塗装にとても大きな違いが
あるんですよねぇ。

同じ時期おなじ地域の同じ部隊の機体でも、エンジンカウリングの白線の幅が全く違ってたり
そもそも白線ではなかったり、胴体下面のゴンドラ側面も迷彩色がはいったり、
プロペラにメーカーマークがあったりなかったり、プロペラ裏面に白線が入っていたり。
イタリア機の塗装は個別の違いがあって、コリコリに凝る甲斐がありそうですねー(笑)。


スポンサーサイト
イタリア機 | 15:57:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
ミルMI-1 ヘリコプター  VEB 1/100
mi-1ミル

ミルMI-1はソ連最初の量産ヘリコプターです。
初飛行は1948年、3~4人乗りの小型多用途へりとしてソ連・ポーランドなどで
2500機ほどが使われました。

ミル設計局はたくさんのソ連のヘリを生みだしてきました。
創設は1947年。
私が驚くのは、局長のミハイル・ミーリの出自がユダヤ系の軍人の家ということ。
この出自で粛清の時代を生き延びるのは珍しいと思うのですが。
シベリア在住で中央から遠かったということで免れたのかもしれません。

ミル設計局と呼ぶのに慣れていますが、ロシアではミーリと呼ぶそうです。

ミルmi-1

mi-1

キットは旧東ドイツのVEBの1/100スケール、小さな小さな可愛らしいプラモです。
1970年代の発売品らしいですが、当時の平均的な東側キットのでき。
緑一色の軍用ヘリでは魅力がないので、アエロフロートの連絡機の塗装を
探し出しました。

興味があったわけでもないのですが、ネットでこんなの誰も作らないだろうなという
プラモを見ると、作ってあげないとなんて思ってしまうもんだから(笑)。

ロシア機 | 23:08:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
マーチンB57B  レベル 1/81
マーチン

マーチンB57B爆撃機のこ゚のキットは、レベル社の1956年に発売された
Sシリーズのひとつでした。
かたちはなかなかよくできてますが、まあ60年も前のものですからー。
私が作ったのは1970年に再販されたもの。
金型に手が入って、B型後期の形式になってます。
といってもマーキングの筋彫りを削り落としたため、ドラッグシュートの
格納扉の筋彫りすらありませんけども。

b57b

B57爆撃機が真価を発揮したのはベトナム戦争でした。
急きょかき集められたB57は三分の二が消耗するまで使いつくされましたが、
ほとんどは地上で破壊されたもの。
頑丈なため対空砲火で破損しても基地に帰り着くので、地上攻撃機として
最高の評価を受けていました。

b57

面倒な迷彩塗装よりも銀塗装にしたいと思って、3機のカラー写真から
この機体を選びました。
富士山を背にしたきれいな写真でしたが、こ゚の機体は1964年にフィリピンで
衝突事故で失われています。
ちなみに他の2機の経歴も調べましたが、みな戦闘や事故で失われてました。

軍用機で最後まで使いつくされるということは、戦闘か事故で喪失するということ
なんだなあと再認識させられました。
そうしてみると軍用機というものは悲しいものです。
とはいえ、だからと言って今更飛行機プラモへの情熱が変わるものでもありません
けどね。


アメリカ機 | 13:44:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
カーチスP-6Eホーク  モノグラム 1/72
p6e

カーチスP6Eホーク戦闘機は1929年に部隊配備が始まった陸軍最後の複葉戦闘機。
1922年のカーチス社の速度競争機R-6(くれ豚の、ですね)から始まった複葉戦闘機
シリーズの最終型になった飛行機でした。
大戦間の平和な時期、海軍型のホークと違って輸出もされなかったので、実戦に使われ
ることもなく終わりました。

curtise

curtise p6e

モノグラム社のこのキットは1968年の発売品。
古さを感じさせない、とても出来のいいキットです。
今も1/72スケールではこ゚のキットだけ。
1/48ではリンドバーグの古いのくらいしか入手できるものはありません。
人気がなくてかわいそう。

水濡れ品を安く買ったので、デカルが使えなくて手書きで行けそうなマーキングを
探しました。
P-6Eは46機しか作られなかったので、そんなにたくさん選択肢があるわけでもないのです。
結局、インディアンマークの第94追撃中隊の塗装に落ち着きました。

アメリカ機 | 20:19:15 | トラックバック(0) | コメント(2)
マイルズ・マジスターMk1 ノボ 1/72
まじすた

マイルズ・マジスターMk1のキットは旧フロッグ社の遺産です。
1960年代からあった古い製品。
よくもこんなマイナーな機体を出したものだと感心してしまいます。
このころの日本のメーカーのキットといえばゼロ戦・隼ばっかりの時代でしたから。

majisuta

mairuzu

この塗装は、1938年のイギリス空軍中央飛行学校のアクロバティックチームのものです。
こんな小さな機体には、赤白黄色の派手はでマーキングが似合いますね。
戦後に民間に払い下げられた機体の中には、イギリス国内のエアレースなどに
参加したものもあって、いろんな塗装が楽しめます。




イギリス機 | 18:00:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ