■translate this blog into

■プロフィール

しおチャン

Author:しおチャン
還暦、リタイアで子供にかえって60年代ヒコーキプラモを作っています。
信州飯田のなかば田舎、半分街中のどっちつかずの田舎暮らしを楽しんでいます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Short Stirling Mk5 エアフィックス改造 1/72
sutariea

エアフィックス社のスターリングがようやくできました。
1966年発売のキットでエアフィックス社のスリーボマーのなかでは一番良い出来と
言われてきたキットです。
なるほどいい感じ。
細かい部品がいっぱいついてますが、大半はアクセサリー爆弾運搬トラクターの
部品です。

easuta

イギリスのスリーボマーのなかで最初に登場して、評判が悪くて最初に第一線から外されて、
グライダー曳航機・輸送機になって行きました。
私の作ったのは輸送機型のMk5です。
輸送機型にはロングノーズとショートノーズがありますが、機首が短い方の型にしました。
ジャンクパーツからMIG15のタマゴヒコーキの風防を拾って加工しました(笑)。

suta-riea

エンジン部はそのままですが排気管の位置だけはかえておきました。
窓の位置変更や貨物ドアを貼りつけたりとかはしましたが、できるだけ手をかけないように
お手抜き完成です。
やっぱり輸送機のほうが平和っぽくていいなあ。

スポンサーサイト
イギリス機 | 11:00:38 | トラックバック(0) | コメント(8)
Bell P63Cキングコブラ アオシマ 1/72
ようやく完成品ができました。
アオシマのベルP63Cキングコブラ。
すみません、残念ながらうまく写真が取れなくてちょっとピンボケです。
そのうちに撮りなおして差し替えるつもりです。
写真をいれかえましたー。
これでようやく今年50個目の完成品になりましたー。

aokingcobrap63ra


手前が今回作ったキングコブラのレーサー。
翼幅が9.1mの1946年ベンディックス大会出場機です。
印象的な赤いペガサスのデカルがアオシマのキット(再販品限定)にはついてます。

奥のキットは以前に作った、1946年のトンプソントロフィーに出場した翼幅7.6mの機体。
どちらもチャールズ・タッカーの乗機です

aokingcobra63p


ペガサスマークの近くの文字、フライイングレッドホースは赤色が正しいのだけれど、
デカルでは黒。これは修正不可でしょうがないです。
翼端の増槽は、実機と同様に先日作ったエアフィックスのP80からもらってきました。

kingcobraracer


アオシマのキングコブラは1969年ころの発売でした。
細かいところがいまいちでしたが、当時唯一のキットでした。
再販された時にペガサスのデカルが付いたので、それ以来ずっとこ゚のレーサー
2機をそろえたかったのです。
長年の願いが叶ってよかったー。

アメリカ機 | 14:17:33 | トラックバック(0) | コメント(2)
Capuroni カプロニCa100 1/72 FROG DH60改造
capuro100dh

カプロニCa100は戦前のイタリアの軽飛行機で軍民両方で広く使われた機体です。
イギリスのデハビラントDH60にほれ込んだカプロニがライセンス権を買い取って
改設計して生産されました。

わたしも実機と同じようにフロッグ社のDH60ジプシーモスをベースに作ってみました。
今年初めに改造に着手したまま中断しておりましたが、ようやく完成しました。

caprodh60

DH60ジプシーモスをベースにしたとはいっても、改造点はけっこうあります。
カプロニの熱の入れ方がうかがえますね。
下翼を延長
翼間支柱を長く
エンジン・プロペラの変更
垂直尾翼・水平尾翼の拡大
脚支柱の変更と脚カバーの追加

胴体と上翼以外はほとんど変更しなければなりませんでした。

kapudh60

苦労した割には、小さくて今一つ派手ないかなあ、、、(´;ω;`)。
まあ力量がないのでしょうがないのですが、でもこのツートンカラーの飛行機が作れてうれしいのです。

フロッグのジプシーモスは1960年代のキット。
こちらも傑作機で世界中で使われましたから塗装も豊富。
もう一つキットを買ってジプシーモスとして作ってみたいです。

frogdh60


イタリア機 | 16:00:15 | トラックバック(0) | コメント(2)
Lockheed P80Cシューティングスター エアフィックス 1/72
p80eafi

ロッキードP80Cシューティングスターを使ったアクロバットチーム、「ミニットメン」の
機体です。
コロラド州空軍の公式アクロバットチームとして1953年から1959年まで飛行していました。
もともとは1947年、3人のパイロットがP51Dムスタングで地方の催事場やロデオ大会で
アクロバット飛行をしていたのが始まり。
このP80Cは1953年から1958年まで使われてました。

eafip80syu

州空軍のアクロチームの草分け的な存在です。
すでに空軍にはサンダーバーズがあったため、そんなもの止めろという圧力もあったという
話を読んだ記憶があります。
赤と銀の派手派手塗装がなんともグーです。

eafixp80

エアフィックス社の1974年発売品。なかなか良い出来のキットです。
これが発売されるまでP80をつくるにはハセガワのT-33を改造するしか無くて、
私は途中で挫折いたしました(笑)。
小部品はハセガワから持ってきたほうがいいかもしれません。
デカルもつぎはぎで完成です。

アメリカ機 | 11:53:46 | トラックバック(0) | コメント(4)
ドルニエDo335プフィール モノグラム 1/48
monodo335

胴体の前後にプロペラを付けた双発機Do335プフィールが組みあがりました。
といってもかなりのお手抜き。
未完成の塗装もされていない機体ですが、外板のジュラルミンの塗り分けも省略しました。
とにかく自分都合で今日までに完成(笑)。

domono335

私が作ったのは1990年代に再販されたキットですが、胴体のゆがみやガタが多くて
かなりの難物でした。
1974年の発売時から胴体と翼とのすき間なやガタが指摘されていましたが、金型の
いたみがさらに進んでいるのかもしれません。
1974年と言えば、この年発売のツインムスタングもかなり品質の劣った出来でした。
モノグラム社の悪い年だったのかもしれませんね。

do335mono

ただ、組立しにくいとは言っても、出来てしまえばいい姿が楽しめます。
高速機の迫力は満点。

すみませんが、あすから数日ブログをお休みさせていただきます。
16日には再開いたしますので、またよろしくお願いいたします。

ドイツ機 | 13:00:05 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

まとめ