■translate this blog into

■プロフィール

しおチャン

Author:しおチャン
還暦、リタイアで子供にかえって60年代ヒコーキプラモを作っています。
信州飯田のなかば田舎、半分街中のどっちつかずの田舎暮らしを楽しんでいます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

仮装巡洋艦 その9 印度洋の常陸丸 続々
今回は常陸丸の乗員中唯一の女性 鯨岡かめのさんについて

当時の客船にはスチュワーデスとしてお年寄りや病人・子供
などの世話をする女性が乗っていました。
常陸丸には鯨岡かめのさん 大正8年当時49歳。司厨部看護方。

大阪朝日新聞1931.9.26には「船上のアマさん」ー船と共に
国際的に移動する健気な職業婦人の群れーと題する記事では
採用条件は25~50才、女学校以上の学歴と多少語学のでき
る人、たいていは船員の未亡人などなのだそうです。

看護婦や電話交換手などの業務があったようです。
かめのさんについても、昨年静岡丸を最後に職を退いたが
63,4才だった。常陸丸で難にあい、ノルウェーで解放されて
常陸丸の詳報を最初にもたらしたと、紹介しています。
60すぎまで外国航路の船に乗り込み、何ヶ月も洋上生活を
する人生があったのですね。

『印度洋の常陸丸』には、ほかにも外国船の船員として働く
日本人や、日露戦争で捕虜になり帰国せずに外国で暮らす元
日本兵などが出てきます。たった一人で海外に飛び出した
たくましさに驚かされます。

東京日日1918.11.27と 12.05の記事には、常陸丸の乗員たち
ドイツに抑留されていた日本人が帰国することになったと報じて
ています。そのほかにも30人ほどの日本人が抑留されていて
多くは「旅芸人の類だろう」としています。その30人ほどの
名前(名前の断片のようなもの)がのっていて、心当たりの
ひとの情報を求めていました。
この人たちはその後どうしたんでしょう。

スポンサーサイト
仮装巡洋艦 | 22:38:51 | トラックバック(1) | コメント(0)
仮装巡洋艦 その8 印度洋の常陸丸 続き
常陸丸がドイツ巡洋艦に襲われて行方不明になった時
当時の新聞は世界中から入ってくるさまざまなうわさ
を載せています。沈められて全員海のもくずとか、
ドイツ軍に拿捕されて仮装巡洋艦としてつかわれている
とか。
東京朝日新聞には、高級船員の名前と住所、乗り合わ
せた海軍中佐の名前や住所を載せています。今の眼で
みるといいのかなーと思いますが、まあそういう時代
だったのでしょう。

日本郵船は捜索船「筑前丸」を派遣します。大正6年
1917年11月27日神戸港を出港。この船には海軍の
飛行隊として飛行機2機と軍人15人が乗り込み、印度洋
からマダガスカルまでの間に何回か捜索飛行を行ってい
ます。
このときの飛行士の一人がのちの大西瀧次郎中将(中尉)
でした。また、持っていったのはモーリスファルマン
水上機です。ライト兄弟の飛行機と同じような骨と帆布
ばりの複葉機で、四角い凧のような機体でした。
片道200kmの捜索行は危険なものと言うべきものだった
と思います。
WOLFの飛行機と比べると、とんでもなく旧式ですが
当時、日本の航空の水準はこんなものだったのです。

仮装巡洋艦 | 21:22:31 | トラックバック(1) | コメント(0)
マーチン187 ボルチモア 1/72 FROG
マーチン187 ボルチモア
メリーランドの性能向上型。
フランスの使節団はメリーランドに大満足でしたが、イギリス
使節団は配備されるころには旧式化してるのではと懸念を表明。
そこで急遽準備されたのがボルチモアでした。でも、交渉中に
イギリスの関心はB-26へいってしまい、、、。
結局ボルチモアも援英機と解放後のフランス・イタリア機につかわれた
だけでした。

メリーランド同様、胴体の幅が狭いので、パイロットが負傷した
ときには救助にいけないという欠点があり、乗員には不評で
した。そういえば英のハンプデンもそんなことがいわれました。

写真は天狗さんのような鼻の海上哨戒機、やはりイギリスで
つかわれました。FROG味?いっぱいのしょうもないところが
魅力のキットでした。
メリーランド・ボルチモアともにマイナーで終わってしまい
ましたが、どことなく魅力を感じて好きですね。

アメリカ機 | 13:21:14 | トラックバック(1) | コメント(0)
マーチン167 メリーランド 1/72 FROG
マーチン167 メリーランド
双発攻撃機というのは日本軍にはあまりない機種です。
1tくらいをつんで高速で低空の運動性のいい機体。
スピード・パンチ力・軽快さの三拍子というわけですね。

もともとマーチン社が陸軍に提案してメリーランドが生まれましたが
陸軍が中高度の運動性重視にかわったため、ダグラスA-20が採用され
ました。メリーランドはフランスが採用し、ほかは援英機にまわされ
てしまいました。

作例はイギリスの練習機。つくったあとでアメリカの爆撃隊のマーキング
をつけた博覧会の展示機の写真をみつけました。
やっぱりアメリカマーキングで作ってあげたい。
もう1コ キットをさがさなくちゃなー。

アメリカ機 | 12:56:28 | トラックバック(1) | コメント(2)
デボアチンD520 I/72 SMER
デボアチンD520
もうひとつD520です。
こちらはエレール社の金型品。
1967年のプラモガイドで紹介されています。

FROG社のよりも新しいだけあって、よくできた
いい感じのキットですね。60年代の雰囲気も十分
感じられます。

私にはD520はフランス空軍のしましま塗装よりも
こういう斑点塗装のほうが似合ってるような気が
します。


フランス機 | 21:20:53 | トラックバック(1) | コメント(0)
デボアチンD520 1/72 CHEMATIC

もとはフロッグの金型でしょう。

田舎に育った私にとっては海外キットは夢見る対象でした。
なかでもフロッグのキットは他では手に入らない機体がたくさん
ありました。箱の裏は塗装三面図というのが憧れだった
わけですが、ほとんどつくれないままフロッグ社は倒産。
金型はノボ社などが引き取りました。

そんなわけで、ケマティック社のキットでも、つくれたのはうれしい
わけです。このキットをフロッグ社が発売したのは60年代始めで
しょうか。古いキットは筆塗りで行きたいですね。ほんとは
黄色くなったデカルでも、そのまま使いたいところなん
ですが。

フランス機 | 21:10:13 | トラックバック(1) | コメント(0)
A.W,アーゴシー 谷譲次 『踊る地平線』
AW135 アーゴシー
アームストロング ホイットワース AW155 アーゴシー
谷譲次は1928年7月にこの飛行機に乗りました。
アーゴシーはインペリアルエアウェイズ社がロンドンーパリ間
に導入したばかりの新鋭機でした。
1日3便、出発時間によって2時間半~4時間の「航空旅行」。

「Bump! 機は地上をすべり出す。GRRRR 轟々爆々」
『踊る地平線』には当時の飛行が面白く描かれています。
搭乗手続きの際に手回り品と一緒にはかりで重量測定する様子
や、注意書きにこの飛行機は飛行中トイレにたってもバランスは
崩れないから大丈夫とか。

谷譲次こと長谷川海太郎はほかに林不忘・牧逸馬の3つのペンネーム
を使い分けて活躍した大衆小説家。3倍儲かったかは知りませんが。
二十歳で渡米して放浪生活をしました。
『テキサス無宿』などメリケンジャップシリーズは読んでみたいです。

「ヒコーキ?」な話 | 20:31:41 | トラックバック(1) | コメント(0)
カーチスP-40E 1/48 アリイ
カーチスP40E
もとは70年ころのオータキのキットです。
このシリーズには傑作キットを多く輩出しました。

アリイはもう金型が、、、とよくいいますが
日本キットのいい時代のモデルを安く作れます。いくつも買って
おもいっきり塗装を楽しむことができます。
アリイさんありがとう。
でもキー44の金型だけはなんとかしてくれませんか?

キットのアリューシャンタイガーのデカルは使いにくかったので
開戦前の演習に使った機体にしました。
シロマルがおもしろいでしょ。
開戦前とはいっても、すでに演習の仮想敵国は日本
になっていました。

アメリカ機 | 21:30:00 | トラックバック(1) | コメント(0)
仮装巡洋艦 その7 印度洋の常陸丸
長谷川 伸 『印度洋の常陸丸』

今回は仮装巡洋艦に襲われた側のお話。
日本の客船 常陸丸、時は第一次大戦のさなかのことでした。

日本郵船の欧州定期船 常陸丸は1917年9月に、商戦改造の
仮装巡洋艦WOLFに沈められました。
おもに英国人の乗客と日本人船員合計160人ほどのうち、十数人
が襲撃の際になくなり、残った150人ほどが抑留され、ドイツに
送られます。

この本の貴重な点は二つ。ひとつは、日本人の目で見た仮装巡
洋艦の活動がかたられていること。しかも大活躍したWOLF
の姿を伝える貴重な資料です。

二つ目は敗戦前後の窮乏したドイツでの足掛け3年の抑留体験。
餓死の危機を、他国の抑留者と時には争い、時には協力して
なんども乗り越えて生還しました。

この生還した日本人船員たちも、その後の第二次大戦で徴用されて
なくなった方も少なからずいたようです。この『印度洋の常陸丸』
は、「長谷川伸全集第9巻」 朝日新聞社刊で読めます。

なおWOLFには複座の水上機が搭載されていました。
フリードリヒシュターケンFF33E 「WOLFEN号」。TECHNOD社1/48キットが
このWOLF搭載機のマーキングで発売されています。


仮装巡洋艦 | 21:58:17 | トラックバック(1) | コメント(0)
藍の苗を全部畑に植え終わりました。
経の藍の苗のすがた
これまで育ててきた藍の苗を全部畑に植えました。
このまま100本くらいがすくすくと育ってくれると
6月の末には、藍の生葉染めができそうです。
どう使うかはカミサンしだいです。
私のほうはこれでひと段落。

つぎはベニバナですね。
こちらは先週末に種まきをしました。
芽が出るのは遅いほうだそうで、今度の
土曜にはでていますかねー。

藍をそだてる | 13:31:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ