■プロフィール

しおチャン

Author:しおチャン
還暦、リタイアで子供にかえって60年代ヒコーキプラモを作っています。
信州飯田のなかば田舎、半分街中のどっちつかずの田舎暮らしを楽しんでいます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

リパブリックP47D サンダーボルト  ホーク(イタレリ・テスター) 1/48
p47sanda-

P47Dサンダーボルトはパワーたっぷりのアメリカ戦闘機。
地上攻撃にも多用されましたが、こんな使い方もありました。
これは1944年に英国オックステッドに駐留した5thERSの所属機。
緊急救難機です。
英仏海峡で遭難したり撃沈された艦船の乗組員を救助する心強い味方。

p47san


いち早く現場についたら両翼につんだディンギーパック(自動展開型のゴムボート)を
投下、救助船が来るまで上空警護につきます。
どれだけたくさんの乗組員を救ってきたことか。
胴体下には150ガロン入りの横に太い燃料タンクを積んでいます。

p47dsan

この部隊のP47の数機には、海上の捜索がしやすいように
特注のバブルキャノピーを付けていました。
これが面白いので作ってみたのです。
ホーク社のサンダーボルトは1960年はじめころにはあったみたいです。
がっちりした作りの組み立てやすいいいキットでした。
オールドモデルとしてはお勧めの名品です。

スポンサーサイト
アメリカ機 | 13:30:08 | トラックバック(0) | コメント(2)
大石弘明さんの「余暇の工作室」をリンクしました。
大石弘明さんの「余暇の工作室」 ー 内部構造再現模型の世界 ーを
リンクさせていただきました。

大石さんの内部構造再現模型の面白さ。
最新作は「マクロスのタマゴヒコーキを内部構造モデルにして
再現する」です。
すごく高い技術を感じさせる作品もさることながら、
わたしが学びたいと思ったのは模型を楽しむ精神の自由さです。
深く感じさせてくれるものがあります。
左下のリンク欄、余暇の工作室をポチっとして大石さんの世界を
味わってみてください。

ちどりあるえーと

わたしのストック品。
おなじみフジミのアルエートⅢ 1/50スケール、1968年発売のプラモでした。
新宿の東京消防庁の屋上に展示されているのを10年くらい前に見たことが
ありました。
赤いオタマジャクシ(笑)という感じのヘリコプターです。
高荷義之さんの箱絵がうれしいですねー。

信州飯田の田舎暮らし | 14:30:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
P47Dサンダーボルトがここまで進みました。
ho-kup47

ホーク社のP47Dサンダーボルトが9割くらいの進捗です。
古い古いキットですがやっぱりとても楽しい名品です。
ホーク社らしいかっちりとした味わい。
あとデカルを仕上げたら完成です。

モノグラム社のほうはまだまだ。

ererukitto

エレール社が1/50スケールを出していた1970年前後のキット2個。
スタンプSV4はイギリスで言えばタイガーモスにあたる複葉練習機です。
戦後も自家用民間機として広く使われました。

SA330ピューマは日本の警視庁や消防庁でも輸入した大型ヘリコプターです。
今もこの発達型が世界中で使われていますね。
エレールのヘリコプターは全体に部品のあいが悪くてガタピシしますが、これも
例外ではなさそうで、かなり覚悟が必要そうです。


信州飯田の田舎暮らし | 19:20:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハンドレページHP42旅客機  エアフィックス 1/144
ハンドレ

ハンドレパージHP42旅客機は1930年代のイギリスの旅客機です。
ロンドンーパリ間のほか、カイロやケープタウンなど大英帝国の植民地
を結びました。
巡航速度150kmくらいでのゆっくりとした空の旅。機内サービスの料理
の豪華さも評判でした。

handore

エアフィックスが1965年に発売したキットは当時から名作の誉れ高いもの。
まさにプラモ遺産のひとつ、今回作ることが出来てうれしいです。
とはいえ、複葉の支柱が多くて上翼と下翼の組み立てには大変苦労しました。
デカルも黄色くなっていて使用不可なため、手書きと余剰デカルなどでしのぎました。
大英帝国の香りを伝える、しっかりとしたできのいいキットでした。

handorepe

絶版になってから久しいためかこのキットは中古サイトで4000円くらいしています。
幸運にも、わたしは1500円くらいで入手できたので、作ることが出来ました。
この時期の数少ない旅客機キットですので、再販してもらいたいものです。

イギリス機 | 13:41:27 | トラックバック(0) | コメント(4)
昔の仕掛品を引っ張り出して再開しています
昔のホークとモノグラムのP47Dサンダーボルトを引っ張り出してきて
組立を再開し始めました。
下の箱がホーク社のサンダーボルトで1960年代初めの発売品。
テスター社に受け継がれ、さらにイタレリ社から再販されたもの。
古いけれどよくできてます。

ho-ku

下の写真、右がモノグラム社のサンダーボルト。
1968年ころの発売でした。
これまた当時傑作といわれたもの。
夢中で作った方も大勢いらっしゃるでしょう。

monotoho-ku

新しいキットがどんどん出ているおかげで、今は両方とも1000円くらいで入手できるのが
うれしいところです。
それぞれ感じが出ていて「いいね、いいね」と眺めています。
眺めてちゃだめだー、作らなきゃ(笑)

信州飯田の田舎暮らし | 12:29:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
庭の花たち、千日紅・百日草・日日草
お盆が近くなると、こうしたお花があるととても助かります。
売っている切り花は本当に値段が高くなりましたから。

千日紅の赤い花、ファイアークラッカーという華やかな品種です。

senniti

百日草の花は、切り花にしても長持ちしますので重宝します。

hyakuniti

日日草の白いかわいい花です。
玄関の鉢植えなんかにして飾ったりしています。

nitiniti


信州飯田の田舎暮らし | 19:14:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
「テロはテロを呼ぶ」を証明する2冊、ミュンヘンテロ事件のお話
myunhen

ISのテロは止む気配がありません。東京オリンピックが怖いです。

ミュンヘンオリンピックの時、イスラエルの選手村がアラブゲリラに襲われた事件が
ありました。
イスラエルはこの報復としてゲリラ幹部の暗殺を始めます。
当時、テロに対する国家テロとして有名になった事件です。
この2冊はその事件のドキュメンタリーです。

右の「ミュンヘン」は当時秘密のベールに包まれていたイスラエルの情報機関モサドの
動きを中心に調べ上げたもの。
モサドの暗殺チームが標的のゲリラ組織を破壊していく様子が詳しく記載されていて
出版当時、世界中を仰天させました。

左の「標的は11人」はその暗殺チームのリーダーだった著者が暴露した内幕。
イスラエルの大統領直々に退役軍人の著者に依頼するところにビックリしました。

両方読んでようやく事件の全貌が分かったような気になります。
本当はもっと奥があるんでしょうけれど。

しかし、こんな国家テロをすすめてもテロはなくならないどころか、より激化して
今に至っているわけです。
テロであれ戦争であれ、武力は問題解決には役立たない、というより事態を
一層悪化させるだけなのを湾岸戦争以来ずーっと見せつけられてきました。
(アフガン戦争以来かな?)
何か他の解決方法を見出さないといけないのですが、良い考えが思いつかない
のであれば、今をときめくAIのご託宣を仰いでみるのがいいかもです。

こんな本を読んでみた | 19:45:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
庭の花たち、ひまわり・タンジー・レモンバーベナ
himawari

梅雨明けと同時にひまわりがぞくぞくと花を開いてきました。
夏の花の代表ですね。

tannji-tubomi

タンジーの蕾が大きくなってきました。
花を咲かせる前に葉っぱを刈って、ほして防虫剤に使います。
とても便利なハーブです。

remonba-benahana

とてもいい香りのレモンバーベナに小さな花がつき始めました。
これは葉っぱを生葉のお茶にしたり、干して香りを楽しみます。

信州飯田の田舎暮らし | 14:52:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
F86E セイバー PMモデル 1/72
f86e se-ba-

先日フロッグのセイバーを紹介した時に触れた、PM社のキットが完成しました。

PMモデルのセイバーが発売されたのは多分1990年代だったかと思いますが、
もとはフロッグ社のセーバーの金型を修正したもの。
表面の仕上げにかなり手を入れてくれてありますが基本的にはそのまま。
キャノピーとデカルが新しくなったのが一番うれしいところです。

pm se-ba-

トルコのアクロバットチーム、ホワイトスワンズのデカルがついてます。
凸モールドなのでデカルが少しうき気味ですが、まっ気にしない(笑)。
笑ってごまかしです。

se-ba-86pm

フロッグのセイバーとツーショット。
PMモデルのほうは垂直尾翼の基部が少し細身な印象です。
これならF86Aといっても通用するかもです。


アメリカ機 | 10:43:14 | トラックバック(0) | コメント(2)
こんな飛行機も作ってみたい、フォッカー・パンサー。
フォッカー

ポーランドのインテック社が出していたフォッカーF7b-3mのキットです。
1920年代から30年代に世界中で使われた旅客機のベストセラー機でした。
ポーランド軍の爆撃機として発売されていましたが、もとはフロッグのサザンクロス。
そのため爆撃機型にするには方向舵・窓・エンジン・後方上部の旋回機銃などの
改修が必要です。
金型さえあれば無理やり販売しちゃうという1980年代東欧のプラモ事情が
うかがえますね。
フォッカーF7のキットは4個もってますが、まだ一個も完成には至っていません。
なんとかしなくては、、、、。

パンサー

AMT社のグラマンF9F-2パンサー 1/48スケール品です。
AMTの飛行機は出来がひどいは、値段は高いはで全然人気のないメーカーですが
数年前安かったので買っちゃいました。
パンサーの前期型で標的曳航機にしたかったのです。
エンジングレイにオレンジのマーク。
以前、昔々のホーク社の標的曳航機キットを見つけたのですが、お金がなくて買えなかった
もんですから。
その代替品ですね。
お金がなくてというのは、こうやって後を引くもんなんですよねー。

信州飯田の田舎暮らし | 18:58:10 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

まとめ