■translate this blog into

■プロフィール

しおチャン

Author:しおチャン
還暦、リタイアで子供にかえって60年代ヒコーキプラモを作っています。
信州飯田のなかば田舎、半分街中のどっちつかずの田舎暮らしを楽しんでいます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

カーチスP-6Eホーク  モノグラム 1/72
p6e

カーチスP6Eホーク戦闘機は1929年に部隊配備が始まった陸軍最後の複葉戦闘機。
1922年のカーチス社の速度競争機R-6(くれ豚の、ですね)から始まった複葉戦闘機
シリーズの最終型になった飛行機でした。
大戦間の平和な時期、海軍型のホークと違って輸出もされなかったので、実戦に使われ
ることもなく終わりました。

curtise

curtise p6e

モノグラム社のこのキットは1968年の発売品。
古さを感じさせない、とても出来のいいキットです。
今も1/72スケールではこ゚のキットだけ。
1/48ではリンドバーグの古いのくらいしか入手できるものはありません。
人気がなくてかわいそう。

水濡れ品を安く買ったので、デカルが使えなくて手書きで行けそうなマーキングを
探しました。
P-6Eは46機しか作られなかったので、そんなにたくさん選択肢があるわけでもないのです。
結局、インディアンマークの第94追撃中隊の塗装に落ち着きました。
スポンサーサイト


アメリカ機 | 20:19:15 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こんばんは~。
完成おめでとうございます。
モノの青箱時代の懐かしいキットですね。
黄色のモールド色で胴体に支柱が成型されていたと思います。
手書きの部分が分からないですよ。
次は日本に輸入された奴ですか?(笑)
あれはS型でしたかね。
2017-03-14 火 23:29:56 | URL | じゃごろ [編集]
じゃごろさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
楽しく作れるキットでしたが、張り線はかなり省略しました。
二重のワイアーは根気と技術が乏しくて、、、。

発売された時、ボーイングF4B-4とこのP-6Eとトリオだった
のこりのカーチスFC11はまだ入手していないんです。
安いのを探さないとですー。
2017-03-15 水 08:34:32 | URL | しおちゃん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ