■translate this blog into

■プロフィール

しおチャン

Author:しおチャン
還暦、リタイアで子供にかえって60年代ヒコーキプラモを作っています。
信州飯田のなかば田舎、半分街中のどっちつかずの田舎暮らしを楽しんでいます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

マーチンB57B  レベル 1/81
マーチン

マーチンB57B爆撃機のこ゚のキットは、レベル社の1956年に発売された
Sシリーズのひとつでした。
かたちはなかなかよくできてますが、まあ60年も前のものですからー。
私が作ったのは1970年に再販されたもの。
金型に手が入って、B型後期の形式になってます。
といってもマーキングの筋彫りを削り落としたため、ドラッグシュートの
格納扉の筋彫りすらありませんけども。

b57b

B57爆撃機が真価を発揮したのはベトナム戦争でした。
急きょかき集められたB57は三分の二が消耗するまで使いつくされましたが、
ほとんどは地上で破壊されたもの。
頑丈なため対空砲火で破損しても基地に帰り着くので、地上攻撃機として
最高の評価を受けていました。

b57

面倒な迷彩塗装よりも銀塗装にしたいと思って、3機のカラー写真から
この機体を選びました。
富士山を背にしたきれいな写真でしたが、こ゚の機体は1964年にフィリピンで
衝突事故で失われています。
ちなみに他の2機の経歴も調べましたが、みな戦闘や事故で失われてました。

軍用機で最後まで使いつくされるということは、戦闘か事故で喪失するということ
なんだなあと再認識させられました。
そうしてみると軍用機というものは悲しいものです。
とはいえ、だからと言って今更飛行機プラモへの情熱が変わるものでもありません
けどね。
スポンサーサイト


アメリカ機 | 13:44:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こんばんは~。
良い感じで仕上がっていますね。
このキットは復刻版が今でも手に入ると思います。
しおちゃんさんのブログを見て旧キットに興味を持つ方が増えて欲しいです。
そして製作してみようと思う方が出てくれば嬉しんですけどね。
2017-03-19 日 23:13:18 | URL | じゃごろ [編集]
じゃごろさん、おはようございます。
今日もいい天気です。

メーカー間でつくった統一スケール(1/72 とか1/48)のために
消えていったオールドモデルがたくさんありますね。
このキットも1/81。
プラモの歴史は70年ほどもあります。
その楽しみ方をスケールで限るのはもったいないです。
スケールがなんであろうとキットそのものを楽しむってことがあっても
いいんじゃないかなーってことなんです。
2017-03-20 月 08:37:31 | URL | しおちゃん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ