■translate this blog into

■プロフィール

しおチャン

Author:しおチャン
還暦、リタイアで子供にかえって60年代ヒコーキプラモを作っています。
信州飯田のなかば田舎、半分街中のどっちつかずの田舎暮らしを楽しんでいます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Heinkel ハインケルHe115水上哨戒爆撃機  レベル(ex フロッグ) 1/72
macthi he115c

暑い夏にすこし涼し気な水上機を。
冬の北海の凍てつく海を飛んだハインケルHe115水上哨戒機です。
双発のフロート式の飛行機は日本にはありませんでしたね。

he115 1976

ハインケルHe115はドイツの哨戒/爆撃/雷撃機です。
ドイツは陸軍国ですので海上戦闘用の航空部隊は貧弱でした。
これも生産機数は269機と少数でしたが、この種の飛行機としては
成功作と言っていい実績を上げました。
作例は1943年にノルウェーを基地として、米英のソ連向けの輸送船団を襲った
機体です。

he115macthi

レベル社のこのキットは、もとはフロッグ社倒産前の最終生産期の金型品です。
形式はハインケルHe115C型。
レベル社からは1977年ころの発売?。
この前年にマッチボックス社からHe115のB型が発売されています。
これもマッチボックス社の撤退後にレベル社から再販されました。
レベル社からフロッグ系統のキットとマッチボックス系統のキットが発売されたので、
とっても混同しやすくなっちゃいました。

マッチボックス系統のほうは未見でわかりませんが、フロッグのほうは組みにくいです。
特にフロートの支柱はガタガタで相当手を入れないと形になりませんでした。
マッチボックス系統のキットのほうを買ったほうがよさそうです。
でも両方ともレベル社からの発売なので外箱から区別できるのかなあ。
ノルウェーのマーキングが入っていればB型なのでマッチボックス系統の
キットに間違いないです。
スポンサーサイト


ドイツ機 | 19:22:55 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こんにちは~。
フロッグのHe115は珍しいですね。
マッチボックスのキットは、B/C型として発売されています。
レベルの箱絵に記されていますので区別はつくと思います。
運河彫りを気にしなければ、まあまあの出来です。
双発フロート機は迫力ありますね。
2017-08-10 木 17:44:04 | URL | じゃごろ [編集]
じゃごろさん、こんばんは。
1976年のマッチボックスといえば大運河彫りの真っ盛り(笑)ですよね。
でも細部の細かい表現はフロッグ品よりもよさそうです。
厚翼の古い設計の飛行機なんですが、ドイツ器らしい精悍さが
ありますね。日本機にもイタリア機にもないラインを感じます。
2017-08-10 木 21:21:32 | URL | しおちゃん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ